/

乳児の両脚を骨折させた疑い 栃木、28歳の女逮捕

子ども用品店で居合わせた乳児を抱き上げ、両脚を骨折させたとして、栃木県警足利署は28日、傷害の疑いで同県足利市若草町、無職、五月女裕子容疑者(28)を逮捕した。乳児は1カ月の大けが。足利署によると、五月女容疑者は「抱いたが、けがはさせていない」と否認している。

逮捕容疑は26日午前11時半ごろ、足利市内の子ども用品店で、長女(3カ月)をベビーカーに乗せた女性客(26)に「かわいいので赤ちゃんを抱かせてください」と頼み、抱いた5分ほどの間に両太ももの骨を折った疑い。

足利署によると、店内の防犯カメラには五月女容疑者が女児を抱き上げた後、レジ横の死角に入る様子が映っていた。女性客は被害に気付かないまま長女を戻されたが、泣き続けるのを不審に思い、病院を受診。骨折していることが分かり、夫が警察に届けた。

用品店によると、五月女容疑者は4~5月、1人で数回来店し「子どもを抱かせて」と複数の客に声を掛ける姿が目撃されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン