/

背面飛行、一時高度1万メートルで 全日空機の急降下

機首は最大35度下向き、副社長「深くおわび」

浜松市沖で6日、那覇発羽田行き全日空140便ボーイング737-700(乗客乗員117人)が急降下したトラブルで、同機が一時、高度1万メートルでほぼ上下逆さまの背面飛行をしていたことが28日、運輸安全委員会の調査で分かった。機首は最大で35度、下向きになっていた。後藤昇弘委員長が定例会見で公表した。

全日空の長瀬真副社長は28日、国土交通省で会見し「お客さまに多大のご迷惑とご心配をかけ、深くおわび申し上げます」と謝罪。乗客112人のうち102人と連絡が取れ、うち6人が首の痛みなど体調不良を訴えたことを明らかにした。

140便は全日空グループのエアーニッポンが運航。6日夜、機長がトイレから操縦室に戻る際、副操縦士がドアの解錠スイッチと、方向舵(だ)の調整スイッチを取り違えて操作したため機体が傾き、高度約1万2500メートルから約30秒間で約1900メートル急降下した。2つのスイッチは十数センチ離れているという。

安全委によると、フライトレコーダー(飛行記録装置)の解析から、機体は最初に少し右に傾いた後、左に傾いて降下。さらに左に傾き続け、最大131.7度となり、背面飛行に近い状態となった。

副操縦士が機体の体勢を立て直し終えた時、機首の方位は、当初の進行方向とはほぼ反対になっていたという。

急降下の間、機体の内外に最大で地上の2.68倍の重力がかかり、ギャレー(調理室)にいた客室乗務員2人が軽傷を負った。乗客はシートベルトをし着席していたとみられ、けが人はなかった。

後藤委員長は「遠心力がかかっていたため、乗客への影響は少なかったとみられる。夜間で外の景色が見えず、背面飛行に気付かなかった可能性もある」と説明した。

安全委は、副操縦士の操縦について、スイッチの誤操作のほか、体勢を立て直そうとした操作にも問題がなかったかさらに調べる。

全日空は9月7日付で、森本光雄副社長(グループ総合安全推進室担当)や、エアーニッポンの内薗幸一社長ら4人を厳重注意した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン