/

新型インフル輸入ワクチン838万回分解約 厚労省、92億円支払い

新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は28日、ノバルティス社(スイス)から今後輸入予定だった約838万回分を解約することで合意したと発表した。購入予定量(2500万回分)の約3割に当たり、輸入ワクチンの解約で初めて違約金約92億円の支払いが発生。差し引きで経費節減は約15億円にとどまった。

同社からは約1662万回分を輸入済みだが、出荷されたのは約2500回分だけで、残りは今月末までにすべて有効期限を迎え、廃棄処分となる見通し。

厚労省は昨年、グラクソスミスクライン社(英)を含む2社と輸入契約を結んだが大量に余った。2社への支払額は計約853億円にのぼる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン