/

一番茶の出荷停止解除 群馬と千葉の一部

政府は28日、群馬県桐生市と千葉県野田市、富里市、山武市の一番茶の出荷停止解除を両県に指示した。いずれも飲料用にした状態で検出された放射性セシウムが国の基準値(1キログラム当たり10ベクレル)を下回った。4市とも昨年6月から出荷停止になっていた。

また政府は同日、国の基準値(同100ベクレル)を超えるセシウムを検出したとして、宮城県の江合川と二迫川の一部で捕れたイワナ(養殖を除く)、北上川(支流を含む)で捕れたウグイの出荷停止を同県に指示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン