「震災乗り越えられる」 日本の未来見つめた小松左京氏

2011/7/29 0:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小松さんの酒は明るくて和やかだった。酔いが回ると、歌になる。昭和の古い歌謡曲、シャンソン、旧制第三高等学校寮歌……。晩年はやや滑舌が悪かったが、歌声は朗々と響いた。

知的好奇心は晩年まで衰えず、月1回、第2金曜日に開く「二金会」と呼ぶ勉強会を主宰し続け、多彩な顔ぶれが集まって談論風発した。体調を崩してからも時折、車いすで参加して博覧強記ぶりを遺憾なく発揮して、楽しい議論を引っ張った。人を引きつけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]