/

イネの多収量にかかわる遺伝子特定 農業生物資源研など

農業生物資源研究所などは28日、「タカナリ」という収穫量の多いイネで光合成の速度を高める遺伝子「GPS」を突き止めたと発表した。葉の内部で光合成を担う細胞の数を増やしていた。収穫量がより多いイネの品種開発などに役立つ成果という。

農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所、東京農工大学との共同研究。

この遺伝子はどのイネも持っているが、品種によってタイプが少しずつ異なる。

実験でタカナリ型のGPS遺伝子を持つコシヒカリを作ると、光合成の速度が高まった。葉が少し厚くなり、光合成を担う細胞の数が増えた。逆にコシヒカリ型のGPS遺伝子を持つタカナリを作ると、通常のタカナリより収穫量が5%減った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません