/

この記事は会員限定です

浜岡原発の津波、防波壁より高く

[有料会員限定]

中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)周辺で予測される津波の高さは前回推計の最大21メートルから19メートルに下がった。「試算の範囲を細かくして予測精度が上がった」(内閣府)のが理由だ。

原発周辺の想定津波高
浜岡原発(静岡県)19メートル
伊方原発(愛媛県)3メートル
上関原発予定地(山口県)3メートル
東海第2原発(茨城県)3メートル

一方、中部電が建設中だった防波壁の高さは海抜18メートル。防波壁の設計時、中部電は津...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン