/

是枝監督の「そして父になる」、ハリウッドでリメーク

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受けた是枝裕和監督の映画「そして父になる」がハリウッドでリメークされることになった。スティーブン・スピルバーグ監督率いる米国の映画製作会社ドリームワークスがリメーク権を取得した。28日、東京都内の映画館で開かれた舞台あいさつに、滞在先のロサンゼルスから中継で参加した是枝監督自身が発表した。

「そして父になる」は6歳の息子が出生時に病院で取り違えられたことが発覚したふたつの家族の物語。スピルバーグ監督は同作が出品された今年5月のカンヌ映画祭で審査委員長を務めた。ドリームワークスは2002年に日本のホラー映画「リング」をリメークしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン