炭素分子「フラーレン」内部に水分子1個を封入 京大が成功

2011/7/29付
保存
共有
印刷
その他

京都大学の村田靖次郎教授らは、サッカーボールの形をした炭素分子「フラーレン」の内部に1個の水分子を閉じ込めることに成功した。新しい太陽光パネルや医薬品などの新材料として有望なほか、水の研究に役立つ。研究成果は29日付の米科学誌「サイエンス(電子版)」に掲載される。

研究グループは、有機化合物とフラーレンをセ氏数百度の高温で反応させると、フラーレンの一部分に穴が開くことに注目。穴から1個の水分子を入れ、封入した。

水分子は「水素結合」という分子同士が引き合う結合によって塊で存在する。分子1個で存在する水分子の特徴は、コンピューターによるシミュレーション(模擬実験)でしか予測できなかった。今回の研究は1個の水分子が直接観察できるため、水研究の進展に役立つ。また、フラーレンと水の両方の性質を併せ持った新材料としても有望という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]