/

この記事は会員限定です

20年五輪めざす東京都、晴海地区に選手村構想

[有料会員限定]

2020年夏季五輪招致を目指す東京都が、落選した16年大会の計画でメーン会場としていた臨海部の晴海地区(中央区)に選手村を設ける方針であることが28日、分かった。16年大会から復活するゴルフは都所有の若洲ゴルフリンクス(江東区)で、近代五種は多摩地域で開く予定。前回と同様にコンパクトな計画を維持しつつ、都全体で招致機運を高める環境を整える。

来年の2月15日までに国際オリンピック委員会(IOC)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン