/

台風2号、九州に接近 東日本にかけ激しい雨の恐れ

(更新)

強い台風2号は28日夜、沖縄本島を風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら北上した。29日明け方には奄美が暴風域に入る見込み。29日昼に九州に接近、夜には四国沖に達するとみられる。

黄円は風速15m/s以上の強風域。赤円は風速25m/s以上の暴風域。白の点線は予報円(台風の中心が到達すると予想される範囲)。薄い赤のエリアは暴風警戒域。

台風の影響で梅雨前線も活発化し、29日にかけ、1月に噴火した霧島連山・新燃岳や東日本大震災の被災地を含む広範囲で大雨となる恐れがある。気象庁は、土砂災害や河川氾濫などへの警戒を呼び掛けた。

28日、那覇市で最大瞬間風速55.3メートルを観測し、この地点の5月の最大値を更新。鹿児島県・中之島で1時間に65.5ミリ、石垣島で64.0ミリの非常に強い雨が降った。

台風は29日午前0時現在、那覇市の北約140キロを時速約45キロで北東に進行。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南側150キロ以内と北側110キロ以内が暴風域。

29日は沖縄から東日本にかけ、雷を伴い1時間に50~70ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。西日本の太平洋側は非常に強い風が吹き、大しけとなる見込み。

30日未明までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で九州南部と四国300ミリ、東海と近畿250ミリ、奄美と九州北部、関東甲信150ミリ、中国120ミリ、沖縄80ミリ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン