2019年9月20日(金)

線香花火、国産人気が復活 「日本の伝統楽しんで」

2014/5/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国産に押されて生産が一時途絶えかけた国産の線香花火が高級品として復活している。火花が大きく火玉が落ちにくいのが特長で、各地の生産者や花火問屋が協力して伝統をつないだ。贈答品などとして百貨店の売り場でも好評。生産者らは「江戸時代から伝わる日本の技術を若い人にも楽しんでほしい」と話している。

松をいぶしてできる松煙、硫黄、硝石……。線香花火1本の火薬量は約0.085~0.1グラム。配合を間違えれば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。