/

靴内に薬品、殺人未遂容疑で会社員逮捕 女性重傷

静岡県警捜査1課と御殿場署は28日、女性の靴の中に化学薬品を塗り、左足を壊疽(えそ)させる重傷を負わせたとして、山梨県山中湖村平野の会社員、深沢辰次郎容疑者(40)を殺人未遂の疑いで逮捕した。調べに対し、深沢容疑者は容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、昨年12月5日ごろ、勤務先で同僚の40代女性の靴内にフッ化水素酸を塗って、殺害しようとした疑い。

御殿場署によると、女性は3カ月の重傷。女性は当初靴に薬品が塗られたことに気づかなかった。足の異変に気づいた病院が県警に通報したという。

県警によると、フッ化水素酸は深沢容疑者が勤務先で管理していた。女性と表立ったトラブルはなかったといい、県警は詳しい経緯などを調べている。

フッ化水素酸は工業で広く使われ、硝酸や硫酸より強い腐食性を持つ。付着するだけで速やかに体内に浸透、低カルシウム血症などを引き起こし死亡することもある。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン