/

不法滞在者パブで雇う 入管法違反容疑電通社員を逮捕

広告大手の電通(東京)社員の男が副業としてフィリピンパブを経営、在留資格を偽ったフィリピン人を雇ったとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで神奈川県警に逮捕されたことが28日、捜査関係者と同社への取材で分かった。

逮捕されたのは相模原市中央区南橋本3、電通社員、鈴木修一容疑者(48)。捜査関係者によると、「遊興費やマンション購入で約4300万円の借金があった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2006年8月~今年5月、経営する神奈川県愛川町のパブで、不正な在留資格で滞在中のフィリピン人男女4人=同法違反容疑で逮捕=をホステスや店員として雇った疑い。県警は20日に逮捕した。

県警によると、鈴木容疑者は愛川町に実体のないホームページ制作会社をつくり、フィリピンの関連会社からウェブデザイナーとして転勤させる名目で日本の在留資格を取らせていた。県警は同容疑者が04年3月にパブを開店後、延べ数十人のフィリピン人を雇ったとみている。

電通広報部は「社員が逮捕されたのは大変遺憾」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン