米MRIの相談、133件寄せられる 12年度まで

2013/4/30付
保存
共有
印刷
その他

顧客の出資金を消失したとされる米金融業者MRIインターナショナルについて、2003~12年度に国民生活センターに計133件の相談が寄せられていたことが30日までに分かった。「高利回りをうたっているが大丈夫か」「解約したいができるのか」という内容が多く、相談者が支払った出資金は総額約3億3千万円に上るという。

相談は少ない年で3件、多い年で23件あった。最近3年では10年度が3件、11年度14件、12年度16件となっていた。年代別でみると60代が39件と最も多く、40代、50代が26件だった。

同センターは「金融商品にはリスクが伴うのできちんと自分で理解、判断してから契約してほしい」としている。

MRIをめぐっては、顧客の出資金1300億円超を実際には運用せず、大半を消失させた疑いが発覚。証券取引等監視委員会が、26日に強制調査し、実態解明を進めている。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]