/

「君といつまでも」…作詞家の岩谷時子さん死去

越路吹雪さんが歌った「愛の讃歌」の訳詞や加山雄三さんの「君といつまでも」の作詞など多くのヒット曲を手掛けた作詞家で文化功労者の岩谷時子(いわたに・ときこ、本名=トキ子)さんが25日午後3時10分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。97歳。偲ぶ会を行うが日取りなどは未定。

1939年、宝塚歌劇団出版部に入社。越路吹雪さんと出会い、マネジャーをする傍ら、越路さんが歌った「愛の讃歌」や「サン・トワ・マミー」を訳詞した。

加山雄三さんの「君といつまでも」「お嫁においで」、フランク永井さんの「おまえに」、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」、ピンキーとキラーズの「恋の季節」、郷ひろみさんの「男の子女の子」などのヒット曲の作詞を手掛けた。

ミュージカル「王様と私」を日本に紹介したほか、「ウエストサイド物語」「レ・ミゼラブル」などの訳詞も担当した。

菊田一夫演劇賞特別賞などを受賞。2009年に文化功労者。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン