2019年1月24日(木)

島根・山口で「経験ない大雨」、1人死亡2人不明

2013/7/29付
保存
共有
印刷
その他

中国地方で大気の状態が非常に不安定になり、島根、山口両県で28日、猛烈な雨が降った。両県の一部で記録的な雨量となり、山口県萩市で女性が死亡したほか、萩市と島根県津和野町で2人が行方不明になった。道路寸断も相次ぎ、山口市の教育施設では小中学生らが孤立。JRなど交通にも影響が出た。

未明から続いた大雨で名賀川が氾濫し、アスファルトがめくれた道路(28日、島根県津和野町)=共同

大雨で冠水した山口市内の住宅街(28日午前)=共同

気象庁は「これまでに経験したことのないような大雨となっている所がある」と最大級の警戒を呼び掛けた。

消防や警察などによると、土砂崩れで倒壊した萩市の住宅で高齢女性が見つかったが、既に死亡していた。住人とみて確認を進める。津和野町の田中聡さん(24)は避難のため自宅を出た後、行方不明になった。萩市でも男性(84)と連絡が取れなくなった。山口県阿武町では住宅が倒壊、夫婦が救助された。山口市でも住宅が倒壊、80代男性が救助された。

津和野町では川の氾濫で住宅が流され、山間部の住民が土砂崩れで孤立。山口市の教育施設などでも、付近の土砂崩れにより小中学生や保護者ら約190人が孤立した。健康状態は良好という。

両県は自衛隊に災害派遣を要請し、陸自部隊が不明者の捜索や住民避難の支援を実施。津和野町と萩、山口両市は一部世帯に避難勧告を出した。

気象庁によると、萩市で1時間に138.5ミリ、津和野町で91.5ミリの猛烈な雨を観測。両地点の24時間雨量は350ミリを超え、いずれもこの地点の観測史上最多となった。気象レーダーの解析でも、両県の所々で1時間に100ミリ以上の雨が降ったとみられ「記録的短時間大雨情報」をたびたび発表した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報