/

患者殺害の疑い女医を逮捕 ブラジル、300人に関与か

【リオデジャネイロ=共同】ブラジル南部パラナ州の司法当局は27日までに、病院のベッドを新たな患者に空けるため、7人の入院患者に筋弛緩(しかん)剤を投与して死なせたとして、女性医師のビルジニア・デソウザ容疑者(56)を殺人容疑で逮捕、訴追した。ロイター通信などが伝えた。

司法当局は同容疑者が同様の手口で、他に約300人の患者の死亡に関与した可能性があるとみて調べている。

同州クリチバの病院で集中治療室(ICU)の責任者だったデソウザ容疑者は、7人に筋弛緩剤を投与した上で人工呼吸器への酸素の供給を減らし、窒息死させた疑い。部下の医師や看護師ら7人も訴追された。

同容疑者は電話で「ICUを空けたくてたまらない」「残念だけど、私たちの仕事は(患者を)来世に送ること」などと話していた。司法当局が盗聴した会話を地元メディアが報じた。

同容疑者の弁護士は無実だと主張。盗聴された会話は相手にICUの実情を伝えようとしただけだと反論している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン