/

立川断層帯とは

立川断層帯 埼玉県飯能市にある長さ12キロメートルの名栗断層と、東京都青梅市から府中市に延びる約21キロメートルの立川断層の2つの活断層からなる。国が想定する「首都直下地震」の震源の一つで、政府の地震調査委員会は地震の規模をマグニチュード(M)7.4程度と推定。今後30年以内の発生率は0.5~2%としている。

発生した場合、立川市を中心に最大震度は7になる。東京都は約2600人が死亡し、約3万7000人が負傷、8万5千棟以上の建物に被害が出ると予想している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン