ススキノ条例で高校生を逮捕 客引き容疑

2013/9/28付
保存
共有
印刷
その他

札幌・中央署は27日、ススキノを警戒中の私服警察官に性風俗店への客引きをしたとして、札幌市迷惑防止条例違反(客引き)の疑いで、札幌市清田区の男子高校生(16)を現行犯逮捕した。

この条例は「ススキノ条例」とも呼ばれ、市が指定した区域内で性風俗店への客引きや、女性をスカウトする行為を禁じている。高校生が逮捕されるのは珍しいという。

逮捕容疑は27日午後11時半ごろ、札幌市中央区南5条西3の路上で、複数の警察官に「お店を探していますか」などと声をかけて性風俗店に誘おうとした疑い。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]