2019年1月19日(土)

ヒマラヤで雪崩、邦人1人不明 登山家・河野千鶴子さんか

2013/5/28付
保存
共有
印刷
その他

【カトマンズ=共同】ネパール観光省は27日、ヒマラヤの高峰ダウラギリ(8167メートル)で、日本人女性1人を含む登山者3人が24日に雪崩に巻き込まれ、行方不明になっていると明らかにした。在ネパール日本大使館も日本人女性1人が行方不明になっていると確認した。

観光省によると日本人女性の名前は「コウノ・チズコ」さんで、67歳としている。ネパール当局が捜索活動を続けている。東京都勤労者山岳連盟の関係者によると、女性は登山家の河野千鶴子さんとみられ、26日に現地から日本側に「頂上アタックに出発したまま帰ってこない」と連絡があった。

河野さんは50代から本格的に登山を始め、7大陸最高峰の登頂に成功した"主婦登山家"。出発前に関係者に「今回が最後の8千メートル峰」の登山になると語っていた。

インドのPTI通信などによると、ダウラギリに登頂を目指す際に拠点となるキャンプ4(約8千メートル)付近で雪崩が発生。21人の登山者が近くにいたが、日本人女性とスペイン人、ネパール人シェルパらが巻き込まれたという。ネパール人のうち1人は救出されたが、他の人々は行方不明のままで、当局がヘリコプターなどで捜索している。

ダウラギリはネパール中部にあるダウラギリ山群の主峰。世界7位の高さを誇り、サンスクリット語で「白い山」を意味する。一時は世界最高峰とされたこともある。2010年9月には、日本人登山家3人が雪崩に巻き込まれ、1人が死亡、2人が行方不明になる遭難事故が起きた。

ネパールでは今月、冒険家の三浦雄一郎さんが史上最高齢の80歳で世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に成功した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報