/

この記事は会員限定です

機密複製容疑の社員、IPアドレス再三改変 ヤマザキマザック

[有料会員限定]

工作機械大手ヤマザキマザックの機密情報を中国人社員が不正に複製した事件で、不正競争防止法違反容疑で愛知県警に逮捕された唐博容疑者(31)が、社用パソコンのIPアドレスを繰り返し改変し、情報複製を続けていたことが28日、同社などへの取材でわかった。県警は唐容疑者が不正発覚を免れる目的で改変を繰り返していたとみており、情報の取得目的などを捜査している。

IPアドレスは、ネットワークに接続されたパソコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン