/

福島原発クレーン停止、ブレーキ外し忘れが原因

東京電力は27日、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールで、燃料取り出し作業に使う大型のクレーンが動かなくなったトラブルについて、サイドブレーキをかけたまま移動させたため、モーターなどに過剰な負荷がかかったことが原因だったと発表した。トラブルが起きる前の別の作業で使った際、ブレーキをかけていたという。

東電はクレーンに異常がないか点検した上で、運転を再開する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン