2018年11月15日(木)

故鈴木俊一氏の都葬に250人参列

2010/5/28付
保存
共有
印刷
その他

東京都知事を4期16年務め、14日に99歳で死去した鈴木俊一氏の都葬が28日、東京・青山葬儀所で営まれた。政官界や自治体、海外の姉妹都市の関係者ら約250人が参列。戦後長く首都の発展に尽くし、東京五輪や都庁移転を実現に導いた業績をしのんだ。

都葬は午前11時に始まり、参列者が黙とう。葬儀委員長の石原慎太郎都知事は「緻密(ちみつ)で冷静・実直な仕事師。大都市の弊害を克服し、東京を世界都市へと雄飛させた」と式辞を述べた。旧内務省で後輩だった奥野誠亮・元法相は遺影を前に「あなたは僕の先生。内務省や各省の役人から信頼が厚かった」と語った。

正午からは一般市民の献花が行われ、約750人が訪れた。

鈴木氏は内閣官房副長官、東京都副知事などを経て1979年から95年まで都知事を務めた。日本万国博覧会協会事務総長として70年の大阪万博の実務も指揮した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報