足立の「111歳」事件、長女・孫を逮捕 年金不正受給の疑い

2010/8/28付
保存
共有
印刷
その他

東京都足立区の民家で戸籍上「111歳」の加藤宗現さんの遺体が見つかった事件で、警視庁捜査2課は27日、加藤さんが生存しているように装い公立学校共済組合(東京・千代田)から遺族共済年金約915万円を不正に受給したとして、いずれも無職で加藤さんの長女の真子(みちこ)容疑者(81)と孫の登貴美容疑者(53)を詐欺容疑で逮捕した。

一連の高齢者所在不明問題のきっかけとなった事件は、逮捕者が出る事態となった。同課は2人が年金を生活費や自宅の修繕費、証券取引などに使ったとみて、不正受給に至る詳しい経緯を調べている。

同課によると、真子容疑者は「すでに死亡した父が生きているように装って年金を受け取った」、登貴美容疑者は「母と相談し、年金をだまし取った」と供述しており、いずれも容疑を認めているという。

逮捕容疑は、教員だった加藤さんの妻が2004年8月に死亡した際、すでに加藤さんは死亡していたにもかかわらず、公立学校共済組合に加藤さん名義の申請書類や住民票などを郵送し、同年10月~今年6月、同組合に遺族共済年金約915万円を振り込ませてだまし取った疑い。

同課によると、年金が入金された加藤さん名義の預金口座からは、遺体が発見される直前の7月15日以降、300万円以上の現金が引き出されるなどしており、残高は約290万円だった。

家族の話によると、加藤さんは1978年11月ごろ、「即身成仏する」と言い残して自室にこもった。

真子容疑者の夫(83)が任意聴取に対し「部屋に入って約10日後ににおいがした」と話しており、同課は真子容疑者らが、加藤さんが部屋にこもった直後に死亡を認識したとみて裏付けを進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]