/

草加市長が失職 市議会が不信任案再び可決

汚職事件で有罪が確定した元助役を「解職は誤りだった」などと擁護する発言をしたとして、埼玉県草加市議会は27日、木下博信市長の不信任決議案を賛成多数で可決した。不信任決議は2度目で、地方自治法により市長は自動的に失職、50日以内に市長選が行われる。

木下氏は閉会後の記者会見で「市民生活に直結する多くの議案を審議せずに不信任を可決したのは大変遺憾」とし、次期市長選に市議会議員の定数削減を掲げて出馬すると表明した。

木下氏は今年7月、「元助役に行政行為として不正な指示はなかった」と発言していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン