2019年1月21日(月)

セシウム新基準、厚労省が諮問 放射線審議会に

2011/12/27付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は27日、食品に含まれる放射性セシウムの新基準値案について、放射線障害の防止を検討する文部科学省の放射線審議会に諮問した。22日にまとめた新基準値案は「飲料水」が1キログラム当たり10ベクレル、粉ミルクなどの「乳児用食品」と「牛乳」は同50ベクレル、「一般食品」は同100ベクレル。厚労省は一部食品に猶予期間を設けるが、来年4月1日に施行する方針。

ほとんどの食品を含む一般食品のうち、乾燥した状態で流通する食品は実際に飲食する状態で判断する。例えば乾燥させたキノコ、海藻類、魚介類、野菜類などは乾燥前の原材料の状態と水で戻した状態で規制。茶はお湯を加えて飲む状態で飲料水として規制する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報