/

北海道の食品機能性表示制度、初の認定 ヨーグルトなど12商品

北海道庁は27日、健康によい機能を持つ食品を独自に認定する「食品機能性表示制度」の第1号商品として、ドーナツやヨーグルトなど8社の計12商品を選んだ。自治体が「特定保健用食品(トクホ)」のように健康食品を認定する全国初の取り組みで、道産食品の付加価値を訴える。

認定を受けたのは、健康食品メーカー、アミノアップ化学(札幌市)が開発した機能性食品素材「オリゴノール」などを使ったドーナツや、フジッコ(神戸市)が生産したヨーグルトなど。高橋はるみ知事が同日、認定証を交付した。

「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区(フード特区)」の優遇措置の一環。道内に本社や製造拠点がある企業が対象で、機能性に関する研究が論文誌に掲載されていることなどを条件に、有識者会議の判定を経て道が認定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン