/

麻木久仁子さん中傷、接続業者に発信者の開示命令

静岡地裁浜松支部

タレントの麻木久仁子さんがインターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みで名誉を傷付けられたとして、プロバイダー(接続業者)の浜松ケーブルテレビ(浜松市)に発信者の名前と住所、メールアドレスの開示を求めた訴訟の判決で、静岡地裁浜松支部は29日までに、請求通り開示を命じた。

中野琢郎裁判官は「書き込みの内容は真実ではない。名誉を毀損するのは明らか」と述べた。判決によると、書き込みは1月4日にプロバイダーを経由し掲示板に掲載された。

麻木さんは、発信者に損害賠償と謝罪広告の掲載を要求するため、情報開示を求めていた。判決は26日付。

同社は「書き込みが名誉毀損かどうか判断できず裁判所に判断を委ねた。判決に従い控訴はしない」とコメント。

麻木さんの所属事務所は「コメントできない」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン