バッグブランド「キタムラ」に指導 下請法違反で公取委

2011/1/27付
保存
共有
印刷
その他

「K」のマークで知られる横浜・元町発の人気バッグブランド「キタムラ」(横浜市)が下請けへの支払いを遅らせていたとして、公正取引委員会は27日、下請法違反で同社を指導した。代金支払日を商品の販売日に設定する「消化仕入取引」という方法を導入。下請け代約1730万円を不当に減額していたとして、同法違反で勧告も出した。

同社は指摘を受け、未払い分を各社に支払い、減額分も返還した。

下請法では下請け代の支払期日が決まっていない場合、商品の納品日を支払日と規定。しかし同社の場合はバッグや財布などの製造を委託する6社に今回の方式を採用し、商品が売れない限り代金が業者に支払われない仕組みにしていた。

同社は遅くとも2008年11月から10年4月まで、店頭で在庫品を半額以下で販売する際に「値引き」と称して6社の下請け代も減額していた。同社は「法に抵触している認識はなかったが、指導に従い改善した」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]