不妊治療、56%が100万円以上支出 経験者アンケート

2013/4/27付
保存
共有
印刷
その他

不妊治療中の人や、過去に治療を受けた経験者約2千人を対象にしたアンケートで、体外受精などの治療費として総額100万円以上を支出した人が回答者の56%に上るとの結果をNPO法人「Fine」(東京)がまとめた。

松本亜樹子理事長は「高額な治療費負担のほか、治療と仕事の両立に悩む人も多い。不妊当事者を取り巻く現状を知ってほしい」としている。

調査は昨年12月~今年3月にインターネット上で実施、会員ら1993人が回答した。年齢は35~39歳が37%と最多で、次いで30~34歳が27%、40~44歳が21%だった。

治療期間は「2年~5年未満」が43%、「1年~2年未満」が27%、「1年未満」が15%。

通院を始めてからの治療費の総額は「100万~200万円未満」が25%と割合が最も大きかった。これより高額では「200万~300万円未満」が15%、「300万~500万円」が11%、「500万円以上」が5%。

一方、「10万円未満」は8%、「10万~50万円未満」19%、「50万~100万円未満」18%だった。

治療のため仕事や他の予定に支障が出たかについては「ある」とした人が87%で、「ない」の12%を大きく上回った。体外受精などで体内から採卵する際は、こまめに通院して卵子の状態を見ながら採卵日を決めるため、仕事との調整に苦労しているとの悩みが多く聞かれたという。

治療費の負担をめぐる自由記述では「夫婦の収入だけでは足りず両親から金を借りている」「何年も(子どもを)授からないつらさに経済的負担も加わり、すごくしんどいです」など切実な声が記されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]