ドコモ、スマホ不具合1万8700人 該当者に商品券

2011/12/27付
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモは27日、20日に発生したスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のメール送受信サービス「spモード」の不具合問題で、影響があった利用者約1万8700人を特定したと発表した。専門に対応するコールセンター((電)0120・152・770)を設置。該当する利用者には手紙で通達し、500円分の商品券を送る。

不具合は20日正午すぎに発生し、スマホの自分のメールアドレスが他人のものに置き換わってしまった。実際にアドレスが置き換わった状態でメールを送受信してメールの内容やアドレスが第三者に知られ、個人情報流出の被害があった利用者は1万491人。

被害は関西地区が中心で、個人情報が流出したのは他社の携帯電話利用者も一部含まれる。ドコモは今後、顧客管理システムを増強して再発防止につなげる方針。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]