/

ナポレオンの婚約指輪、1億円で落札

フランス皇帝ナポレオンがジョゼフィーヌに贈った婚約指輪=競売会社オズナ提供・共同

フランス皇帝のナポレオンが軍人時代、妻となるジョゼフィーヌに贈った婚約指輪がパリ近郊で競売にかけられ、予想を大幅に上回る89万6400ユーロ(約1億900万円)で落札された。フランス公共ラジオが伝えた。

ナポレオンが指輪を贈ったのは、軍人として華々しく活躍していた1796年。指輪は金の土台の上にダイヤモンドとサファイアをあしらっている。競売会社の担当者は「当時のナポレオンは金銭的に余裕がなかった。指輪は非常にシンプルだ」と話した。

ナポレオンは同年、イタリア遠征に出発する直前にジョゼフィーヌと結婚。遠征先からも熱烈な恋文を送っていたが、1810年に離縁した。

予想落札価格は1万~1万2千ユーロだった。どんな人物が落札したのかは明らかにされていない。(パリ=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン