/

米社会学者のダニエル・ベル氏が死去

ダニエル・ベル氏(米社会学者、ハーバード大名誉教授)26日付の米紙ニューヨーク・タイムズによると、25日、マサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で死去、91歳。家族が明らかにしたが死因は不詳。

コロンビア大やハーバード大の教授を歴任。著書の「イデオロギーの終焉(しゅうえん)」(1960年)と「資本主義の文化的矛盾」(76年)は英タイムズ紙の書評で「第2次世界大戦後、最も影響力のあった100冊の本」に選ばれた。(ニューヨーク=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン