/

台風15号、勢力弱めつつ沖縄の北海上進む

引き続き警戒呼び掛け

(更新)

強い台風15号は27日、勢力を弱めながらも風速25メートル以上の暴風域を伴って沖縄の北の東シナ海を北上した。沖縄本島と鹿児島県奄美地方では吹き返しの強風が吹いた。気象庁は引き続き、暴風雨や高波への厳重な警戒を呼び掛けた。

那覇や宮古島を発着する全日空、日航、日本トランスオーシャン航空などが相次ぎ欠航。最大瞬間風速は奄美大島で44.2メートル、沖縄県伊是名村で41.5メートルを観測した。

沖縄電力によると、沖縄県内では27日午前、最大で1万7800戸が停電。九州電力によると、奄美地方でも午前10時現在、6万1700戸が停電した。奄美大島の宇検村では午前6時ごろ、村営体育館(約2350平方メートル)の屋根の半分が吹き飛ばされた。

沖縄本島では公立小中高校が臨時休校。県内の各市町村では26日から計約560人が役場や公民館に自主避難し、一夜を明かした。

27日正午現在、台風の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。沖縄本島は26日未明以降、丸1日以上暴風域に巻き込まれた。

28日昼までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、九州南部250ミリ、九州北部と沖縄本島200ミリ、奄美180ミリ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン