/

この記事は会員限定です

米MRI、大口客に利回り優遇 集客続ける目的か

[有料会員限定]

米MRIインターナショナルによる顧客資産の消失問題で、同社が投資額の大きい顧客に対し、利回りなどを優遇する措置を設けていたことが27日、関係者の話などで分かった。同社は少なくとも2011年以降、ファンドの運用実態がなく、証券取引等監視委員会は配当金の支払いが滞らないよう、多額の資金を集め続ける目的があった疑いもあるとみている。

MRIは米国の医療機関が保有する保険会社などへの診療報酬債権を割安な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン