健康調査の拡大求める 原発事故で国連報告者

2012/11/27付
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島第1原子力発電所事故後の日本政府による健康対策などの調査のため来日している国連人権理事会の特別報告者アナンド・グローバー氏は、福島県が実施している健康管理調査について「対象が県民などに限られ範囲が狭い」と述べ、政府に対し、より広範囲での調査実施を求める考えを示した。26日に東京都内の日本記者クラブで記者会見した。

グローバー氏は15日から来日し「健康を享受する権利」の保護を目的に宮城、福島両県の被災者や政府関係者らからヒアリングを実施。来年6月、人権理事会に最終報告書を提出する。

健康調査の拡大について、具体的な範囲は明示しなかったが「放射能汚染区域全体での実施」を要請した。短期雇用の原発作業員への長期的な健康調査が行われていないとも指摘し「政府は目を背けず、被曝(ひばく)した作業員全員へのモニタリングを行うよう求める」とした。

また、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を十分活用できなかった点など、事故直後の政府の対応を「残念だ」と批判した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]