2019年4月22日(月)

双葉町、最後の避難所を埼玉県に返還 町長「1つの区切り」

2014/3/27付
保存
共有
印刷
その他

福島県双葉町の伊沢史朗町長は27日、埼玉県庁で上田清司知事と面会し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で最後の避難所となった旧埼玉県立騎西高校(加須市)の鍵を返還した。約3年間続いた避難所は完全に閉鎖された。

伊沢町長は上田知事に「町民がお世話になり感謝申し上げる」と述べた。面会後には、報道陣の取材に対し「一つの区切りだと思っている」と語った。

避難所は、双葉町からの避難者を受け入れるため2011年3月30日、埼玉県が災害救助法に基づき開設した。町によると、旧高校の避難所は最も多い時で1423人が生活。昨年12月に残っていた人々が退去し、町職員らが後片付けや清掃をしていた。

埼玉県内には町民約900人が暮らしており、県は今後も健康相談などの支援を続ける。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報