2017年12月17日(日)

東京高裁はアレルギー死認めず 男児の両親、逆転敗訴

2013/9/27付
保存
共有
印刷
その他

 3歳の男児を一時保護した児童相談所が、アレルギーの原因となる卵を含む食事を与えて男児を死亡させたとして、両親が横浜市などに計約9千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が26日、東京高裁であった。井上繁規裁判長は、市に約5千万円の支払いを命じた一審・横浜地裁判決を取り消し、請求を全面的に棄却した。

 井上裁判長は「アレルギー反応によるアナフィラキシーショックが死因とは認められず、突然死の可能性も否定できない」と判断した。

 判決によると、男児は2006年、東京都世田谷区の病院で、手足の骨が変形する「くる病」と診断されて入院した。病院は「両親が適切な栄養を与えない虐待の疑いがある」と児相に通告。一時保護した児相は男児に卵を含んだちくわを誤って食べさせ、食事から約7時間後に亡くなった。

 井上裁判長は「アナフィラキシーは食事から2時間以内に発症することが多いが、男児が食事して4~5時間、発症は認められなかった」と指摘。「虐待の事実はなく、通告や一時保護決定は違法だ」とする両親側の主張も退けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

アレルギー東京高裁男児アレルギー死



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報