/

アップルに3億円賠償命令 iPodで特許侵害

東京地裁

米アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod」に使われている技術を巡り、特許権を侵害されたとして、関東に住むソフトウエア技術者の男性(56)側がアップルの日本法人に100億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(高野輝久裁判長)は26日、アップルによる特許権侵害を認め、約3億3千万円の支払いを命じた。

判決確定前でも強制執行できる仮執行も認めた。男性側は賠償額を不服として控訴するとみられる。

訴訟の対象は「iPod classic」など計5機種。一部は現在も販売中だが、販売差し止めは請求しておらず、影響は限定的とみられる。

争われたのは、iPodの「クリックホイール」と呼ばれるスイッチに関して男性が持つ特許権。円形のタッチセンサーと複数のボタンを組み合わせた構造で、表面を指でなぞって押すことで、楽曲の選択・決定などをスムーズに操作できる。

判決はまず、アップルの製品に使われている技術が、男性が持つ特許の技術的範囲に属すると判断。そのうえで、対象製品の売上高と、妥当な特許使用料率をそれぞれ算定し、男性の損害額を認定した。

代理人弁護士によると、男性は大手IT企業で制御ソフトの研究開発に携わり、その後独立。1998年に今回の特許を出願し、2006年に登録された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン