禁煙補助剤で意識障害、車事故7月以降6件

2011/10/26付
保存
共有
印刷
その他

禁煙補助剤「チャンピックス」(製造販売・ファイザー)を服用後に意識障害に陥って自動車事故が起きた問題で、厚生労働省がファイザーに添付文書の改訂を指示した7月以降に同様の事故が6件起きていることが26日、分かった。同省は医師や服用患者に「服用期間中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作をしないように」と再び注意喚起した。

この禁煙補助剤は国内初の飲み薬タイプ(錠剤)で、ファイザーの推定では2008…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]