2019年1月19日(土)

運航会社社長ら5人起訴 韓国船沈没、業過致死など

2014/5/26付
保存
共有
印刷
その他

韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、検察当局は26日、業務上過失致死罪などで運航会社、清海鎮海運のキム・ハンシク社長(71)ら5人を起訴した。改造で不安定になった船に過積載を指示するなどし、沈没により多くの乗客を死亡させたとしている。

検察は、背任容疑などで指名手配中のセモグループ元会長、ユ・ビョンオン容疑者が、清海鎮海運の会長として経営を支配していたことを確認。ユ容疑者は「救援派」と呼ばれる新興宗教集団を率い、キム被告ら経営陣の多くが信者だったとみられる。

事故では乗客を脱出させずに先に船から逃げたイ・ジュンソク船長(68)に殺人罪が適用されるなどして、乗組員15人が既に起訴されている。(木浦=共同)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報