/

栃木県産腐葉土から放射性物質 業者に自主回収要請

栃木県は26日、同県鹿沼市の腐葉土製造販売業者が出荷した腐葉土から1キログラム当たり1万700ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。腐葉土に関する放射能物質の暫定規制値は設けられていないが、県は「高い濃度の放射性物質が検出された」と判断、業者に対して製品の出荷自粛と自主回収を要請した。

この業者は県北部で集められた落ち葉などで腐葉土を製造。県が落ち葉を検査したところ、同7万2000ベクレルの放射性セシウムを検出した。業者は関東地方を中心に全国に腐葉土を出荷しているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません