/

日本近海と上空のCO2濃度が最高値に 初の400PPM超

気象庁は26日、日本周辺の海上と上空6キロメートル付近の二酸化炭素(CO2)濃度が今年、初めて400PPM(PPMは100万分の1)を超えたと発表した。陸上の観測地点も今年4月の平均濃度が過去最高値を更新。CO2濃度の上昇は温暖化につながるとされる。気象庁は「2000年代に入って濃度上昇が加速しており、排出削減の一層の取り組みが必要」としている。

同庁によると、今年1~2月の日本南方海上の大気中濃度は400.6PPMで、1984年の観測開始以来初めて400PPMを超えた。日本南東上空の濃度も4月に402.7PPMを記録。陸上に3カ所ある観測地点の4月の平均濃度は402.7~407PPM。このうち南鳥島では約20年で40PPM以上、上昇した。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、気温上昇を2度未満に防ぐためには、2100年時点で大気中濃度を約420PPM以下に抑える必要があると指摘している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン