2019年1月19日(土)

小笠原の新島と西之島、陸続きに 海保が確認

2013/12/26付
保存
共有
印刷
その他

活発な火山噴火で西之島(奥)とつながった「新島」(26日午後、東京都小笠原村)=共同

活発な火山噴火で西之島(奥)とつながった「新島」(26日午後、東京都小笠原村)=共同

火山噴火で小笠原諸島(東京)に出現した「新島」が、隣の西之島(小笠原村)につながったことを海上保安庁の航空機が26日、確認した。溶岩が流出し面積を広げていた。島ではなくなり西之島の陸の一部となった。

海保によると、火口からの溶岩で、新島は西之島がある北側に向かって徐々に拡大。26日午前の観測で、北にせり出した幅約200メートルの陸地の両端が、西之島の南岸とつながっているのを確認した。接続した幅は25~50メートルで、その間には海水がたまっていた。

海保は11月20日、西之島の付近で噴火が起き、新島が出現しているのを初めて観測。当初は東西の方向に、12月中旬以降は北に面積を広げ、24日には西之島まで約10メートルに迫っていた。火山活動が収まってから正確な測量に着手するという。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報