/

HIV感染の血液、検査すり抜け輸血 1人感染

エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が日本赤十字社の安全検査をすり抜けて輸血された問題で、厚生労働省と日赤は26日、輸血を受けた患者2人のうち、60代の男性がHIVに感染していたと明らかにした。もう1人の感染の有無は調査中。輸血によるHIV感染は2003年以来となり、検査強化など早急な対策が求められる。

同日の血液事業部会運営委員会で報告された。

厚労省や日赤によると、今年2月に献血されたHIV感染した血液が日赤の高感度検査をすり抜け、この血液を基に製造された赤血球製剤と血漿(けっしょう)製剤が2医療機関で患者2人に輸血されていた。

このうち60代の男性は慢性の消化器疾患の治療中で、10月に手術を受けた際に血漿製剤の輸血を受けた。11月に検査すり抜けが判明した後、男性の血液を調べた結果、HIV感染が確認された。

もう1人は2月に赤血球製剤の輸血を受け、日赤が感染の有無などを調査している。

日赤によると、献血した40代の日本人男性は、2月の献血の約2週間前に感染リスクのある性的接触を持っていたことを認めているという。献血時の問診では性的行動に関して事実と異なる回答をし、献血でHIV感染を確認する意図を否定していた。

この男性が11月上旬に再び献血した際、日赤の検査で血液からHIV抗体が検出された。2月の献血の血液の保管検体を詳しく調べたところ、HIVが確認された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン