2019年1月21日(月)

韓国沈没船の操船担当乗員、15人全員逮捕 遺棄致死容疑など

2014/4/27付
保存
共有
印刷
その他

【珍島=共同】韓国・珍島沖の旅客船セウォル号沈没事故から11日目となる26日、検察などの合同捜査本部は、遺棄致死容疑などで新たに乗員4人を逮捕した。これでイ・ジュンソク船長(68)をはじめ操船担当の乗員計15人が全員逮捕された。

15人は修学旅行の高校生ら乗客を置き去りにして船から逃げており、韓国世論から激しい非難を浴びていた。

韓国政府の対策本部によると、海洋警察や海軍の救助チームは26日朝に2人の遺体を収容したが、夕方まで進展がなく、死者は計187人、行方不明者は115人となっている。

救助チームは現場海域の天候悪化の影響を受け、船内捜索の中断と再開を繰り返した。民間潜水士が準備した潜水設備も設置できず、捜索は難航。天候悪化に加えて潮流も強まり、遺体の船外への流出が懸念されている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報