/

京大入試問題、試験中に質問サイトへ投稿 受験生か

京大の入試試験中に質問サイト「ヤフー知恵袋」に投稿された数学の試験問題と回答

25日から実施されている京都大の2次試験で、数学と英語の問題が試験時間中にインターネットの「質問サイト」に投稿され、第三者が回答していたことが26日、大学への取材で分かった。京都大は「受験生が携帯電話を使って不正に投稿した可能性がある」として調査を始めた。

京都大によると、25日午後に実施した「文系数学」と、26日午前には全学部共通の英語の問題の一部が、インターネット検索大手「ヤフー」内の「ヤフー知恵袋」というサイトに投稿されていた。

数学は6問すべてについて投稿された。最も早いものは試験開始の7分後。これを手始めに約30分間に全問が投稿され、「解答だけでなく途中計算もお願いいたします」などと記されていた。6問中5問は試験時間中に回答が寄せられた。

英語では英作文の問題2問が開始から7分後に「次の文を英訳してください」として投稿され、その約6分後から回答が寄せられた。数学、英語ともに京都大の入試問題と分かる記述は書き込まれていなかった。

投稿はすべて「aicezuki」のユーザー名で書かれており同一人物とみられ、携帯電話からアクセスした記録が残っていた。

ヤフー知恵袋は、質問を投稿すると、それを見た別のユーザーが回答を書き込む仕組み。サイトに寄せられた回答が「正解」だったかどうかは不明で、今後詳しく調べる。

京都大は、試験中は携帯電話の電源を切り、かばん等に入れるように指示していた。投稿は26日午前に学内関係者を名乗る匿名の人からの指摘で発覚した。2次試験は27日までの予定で、京都大は「2次試験の日程を終えてから本格的に調査する」としている。

京都大は26日、大学のホームページに「本学受験生の皆様へ」との淡路敏之理事のコメントを掲載。「事実関係の調査を開始したところで、不正行為が発覚した場合には厳正に対処する。受験生の皆様には混乱することのないようお願いいたします」などとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン