ヒグマの推定生息数、前回調査の2倍 北海道庁が公表

2013/6/26付
保存
共有
印刷
その他

北海道庁は26日、12年ぶりのヒグマの生息数調査の結果を道議会で公表した。推定生息数は2244~6476頭と前回調査の約2倍になった。近年、目撃数や捕獲数が増加傾向にあり、今後の保護管理政策などに影響を与えそうだ。

昨年9、10月、道内の約5800人のハンターにアンケート用紙を郵送し、自分の住む自治体で推定されるヒグマの生息数などを聞いた。

推定生息数は道内全域で増えており、最も多いのは道東・宗谷地域の1153~3386頭、日高・夕張地域は464~1532頭、渡島半島は379~890頭。ハンターの76%が「(ヒグマが)増えている」と回答した。

道庁によると、ヒグマの捕獲数は2011年度に825頭、12年度に650頭。00年の調査の推定生息数は1771~3628頭だったが、捕獲数が多いとの指摘があり、12年ぶりの調査に踏み切った。

道庁は今後、体毛を採取してDNA鑑定で個体を識別する「ヘア・トラップ法」といった精度の高い調査も検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]