/

都の性描写規制案、出版倫理協議会が反対声明

日本雑誌協会、日本書籍出版協会などでつくる出版倫理協議会は26日、子供を性行為の対象にした漫画やアニメを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案について、「マンガ・アニメーションへの『規制強化』という点ではまったく変わっていないだけでなく、さらにあいまいで危険な条項が加えられている」とする反対声明を出した。

声明は「規制の記述は抽象的で、行政当局の恣意(しい)的解釈・運用によっていかようにも拡大できる。表現者への『萎縮効果』は計り知れない」と指摘。「再度提出された改正案は、青少年を守るための(出版界の)自主規制の努力を踏みにじるもので、到底認められない」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン